特集展示

展示品の一部をご紹介します。

仏教美術の精華 観音応現身像をまじえて
2022年11月23日(水)~2023年3月12日(日)

観音菩薩かんのんぼさつは悩み苦しむ人々を救うため、相手や状況に“応”じて、“身”をさまざまに変化させて“現”れるとされ、その33の姿は「三十三応現身さんじゅうさんおうげんしん」と称されます。
今回の特集展示で紹介するのは、三十三応現身像のうちの1で会津の法用寺ほうようじ旧蔵と伝わります。「梵王」という墨書があり、「梵王身ぼんのうしん」の像であることもわかります。
また、「神護寺経じんごじきょう」(平安時代)や「日吉山王十禅師曼荼羅図ひえさんのうじゅうぜんじまんだらず」(鎌倉時代)、「青面金剛像しょうめんこんごうぞう」(室町時代)なども展示します。「神護寺経」は紺紙に金字で経文が書かれており、金銀泥きんぎんでいによる見返絵も付された装飾経です。「日吉山王十禅師曼荼羅図」は十禅師を中心に、本地仏ほんじぶつや北斗七星を配しており、山王曼荼羅のなかでも個性的です。童子や鬼神を従えた「青面金剛像」は、病魔退散を祈願するために描かれたものです。
少しめずらしい仏教美術の精華を、間近でご覧いただければと思います。

三十三応現身立像 梵王身三十三応現身立像 梵王身

三十三応現身立像
梵王身さんじゅうさんおうげんしん
りゅうぞう
ぼんのうしん

室町時代 明徳5(1394)年頃
悩み苦しむ人々を救うために観音菩薩が変化した応現身のひとつ
紺紙金字一切経(神護寺経)のうち仏説意経紺紙金字一切経(神護寺経)のうち仏説意経

紺紙金字一切経
(神護寺経)の
うち仏説意経こんしきんじいっさいきょう
(じんごじきょう)
ぶっせついぎょう

平安時代 12世紀
紺紙に金字で経文が書かれ、金銀泥による見返絵も付された装飾経
(画像は見返し部分)
日吉山王十禅師曼荼羅図日吉山王十禅師曼荼羅図

日吉山王十禅師
曼荼羅図ひえさんのうじゅうぜんじ
まんだらず

鎌倉時代 14世紀
日吉大社(大津市)の神や本地仏を北斗七星とともに描いた曼荼羅
藤原鎌足像藤原鎌足像

藤原鎌足像ふじわらのかまたりぞう

室町時代 15世紀
藤原氏の始祖で、古くから礼拝の対象とされた藤原鎌足の像

Page Top