特集展示

展示品の一部をご紹介します。

初公開の収蔵品から
2022年6月1日(水)~11月6日(日)

今回の特集展示では、これまで紹介の機会がなかった収蔵品のなかから、彫刻・絵画・経典・工芸品の計10点を選んでご紹介いたします。
准胝観音菩薩像じゅんていかんのんぼさつぞう」は、安産・息災・延命・除病などの目的でまつられました。着衣には金泥きんでい截金きりかね(金箔を細く切って貼り付けし、線や文様などを表す技法)を用いて、細密な文様が施されています。室町時代に描かれた、比較的大きな仏画です。
ガンダーラ仏伝浮彫「降魔成道ごうまじょうどう」には、釈尊が魔王の妨害を撃退し、悟りを開いた時の姿があらわされています。彫りが深く、顔の表情もはっきりと見ることができるのが特徴です。
他の初公開作品も、縁あって当館の収蔵品となったものです。

准胝観音菩薩像准胝観音菩薩像

准胝観音菩薩像じゅんていかんのん
ぼさつぞう

室町時代 14~15世紀
着衣に細密な文様が施され、蓮華座を2人の龍王が支えている
降魔成道降魔成道

降魔成道ごうまじょうどう

2世紀
魔王と魔衆を撃退し、悟りを開いた釈尊の姿があらわされている
金銅羯磨 金銅五鈷杵金銅羯磨 金銅五鈷杵

左)金銅羯磨こんどうかつま

右)金銅五鈷杵こんどうごこしょ

左)金銅羯磨:室町時代 16世紀
右)金銅五鈷杵:安土桃山~江戸時代
16~17世紀
いずれも密教法具の一種で、銅で鋳造し鍍金が施されている
妙法聖念処経 巻第八妙法聖念処経 巻第八

妙法聖念処経
巻第八
みょうほうしょうねんじょきょう(足利尊氏願経)あしかがたかうじ
がんきょう

南北朝時代 文和3(1354)年
足利尊氏が発願し写経させた一切経の一帖で、尊氏の自署がある
(画像は末尾部分)

Page Top