特集展示

展示品の一部をご紹介します。

音を観る ―変化観音と観音変化身―
2024年4月24日(水)~9月1日(日)

『法華経』観世音菩薩普門品かんぜおんぼさつふもんぼんでは、観音は衆生しゅじょうの「音声おんじょうを観て」皆に解脱げだつを得させたといいます。「音を観る」ことができる、「観音」とはその神通力じんずうりきを象徴した名をもつ菩薩です。
特集展示“音を観る”では、六観音のうち十一面観音の彫刻と、しょう観音、千手観音、准胝じゅんでい観音、如意輪にょいりん観音の絵画を展示しました。このうち、如意輪観音の画像は2点。ひとつは繊細で優美な表現が特徴で、金泥きんでい切金きりかねが用いられた鎌倉時代の優品です。もうひとつは向って左下に訶梨帝母かりていもを描いた珍しい作品です。
観音は如来の脇侍きょうじとして配される場合もあり、その作例も並べました。また、観音がまったく異なった姿に変化する三十三応現身おうげんしんも生み出されました。本展ではそのひとつである梵王身ぼんのうしんの彫刻を展示いたします。

如意輪観音菩薩像如意輪観音菩薩像

如意輪観音
菩薩像にょいりんかんのん
ぼさつぞう

鎌倉時代 14世紀
しなやかな体に金泥が塗られ、繊細な切金文様の着衣をまとう皆金色の像
展示期間:4月24日(水)~6月30日(日)
如意輪観音菩薩像如意輪観音菩薩像

如意輪観音
菩薩像にょいりんかんのん
ぼさつぞう

室町時代 15世紀
向かって左下に、赤子を抱き柘榴を持つ訶梨帝母も描く、珍しい像
展示期間:7月3日(水)~9月1日(日)
准胝観音菩薩像准胝観音菩薩像

准胝観音菩薩像じゅんでいかんのん
ぼさつぞう

室町時代 14~15世紀
着衣に細密な文様が施され、蓮華座を2人の龍王が支えている
三十三応現身立像 梵王身三十三応現身立像 梵王身

三十三
応現身立像
梵王身さんじゅうさん
おうげんしんりゅうぞう
ぼんのうしん

室町時代 明徳5(1394)年頃
悩み苦しむ人々を救うために観音菩薩が変化した応現身のひとつ。福島・法用寺旧蔵
阿弥陀聖衆来迎図阿弥陀聖衆来迎図

阿弥陀聖衆来迎図あみだしょうじゅらいごうず

室町時代 15世紀
楽器を奏でる菩薩が取り巻くなか、観音菩薩・勢至菩薩に先導される阿弥陀如来の来迎図
図像抄図像抄

図像抄ずぞうしょう

鎌倉時代 14世紀
胸元に未敷蓮華(蕾の蓮華)を持つ聖観音の図像

次回特集展示

小川晴暘と飛鳥園100年の旅
2024年9月11日~11月24日

Page Top