特集展示

展示品の一部をご紹介します。

みほとけの姿―如来・菩薩・明王・天・羅漢―
2021年9月4日(土)~12月19日(日)

 “ほとけ”にはさまざまな種類があり、主に如来・菩薩・明王・天の4部に大別されます。それぞれの内証や誓願が異なるため、表情や印相、服装や持物などに違いがあるのです。羅漢や祖師・高僧といった聖者が、“ほとけ”に含まれる場合もあります。本展では多様な如来・菩薩・明王・天および羅漢を取り上げます。常設展示の大日如来や不動明王、多くの“ほとけ”が描かれた両界曼荼羅とあわせて御覧いただきたいと思います。

清海曼荼羅清海曼荼羅

説法印仏坐像

3世紀頃
ガンダーラ地域でつくられ、典型的な説法印を両手で結ぶ釈尊(釈迦如来)像
阿弥陀聖衆来迎図阿弥陀聖衆来迎図

地蔵菩薩像

鎌倉~南北朝時代(13~14世紀)
右に錫杖、左に宝珠を持ち、たなびく雲の上に立つ地蔵菩薩像
阿弥陀三尊来迎図阿弥陀三尊来迎図

不動明王像

南北朝~室町時代(14~15世紀)
中央の不動明王と四隅の梵字で、五大明王を表している
親鸞聖人坐像親鸞聖人坐像

十六羅漢像のうち
第七迦哩迦尊者

室町時代(14~15世紀)
中国の南宋時代(12世紀)に寧波の画家金大受が描いたものの模写と思われる羅漢像

Page Top