館長挨拶

半蔵門ミュージアム館長 水野敬三郎

半蔵門ミュージアムの初代館長をつとめることになりました。学生時代、運慶の作品に強く惹かれて、以来仏像彫刻の研究を長く続けてきました。

当館の展示の中心の一つが、密教で根本仏とされる大日如来の像で、運慶作と推定されています。東京都内で唯一、いつでも運慶の仏像に接することができるのがこの館です。

これを含めた仏像・仏画・経巻などの展示を通じて、仏教美術・文化の多様な展開にふれていただきたいと思います。

当館は、多くの博物館や美術館にくらべて広くはなく、収蔵品も多くはありません。しかし、学びと憩いのためのコンパクトで快適な空間を用意いたしました。気軽にお立ち寄りいただくには好適な立地です。
今後、仏教美術を中心に文化の発信と交流に努め、社会への貢献に向けて尽力してまいります。皆様のご来館をお待ちしています。

半蔵門ミュージアム館長 水野敬三郎

Page Top