主要展示品紹介

当館収蔵品の一部を紹介いたします

大日如来坐像大日如来坐像

大日如来
坐像

だいにちにょらい
ざぞう

鎌倉時代(12世紀)重要文化財
運慶(うんけい)の作風が濃厚な金剛界(こんごうかい)大日如来像
王の帰依と涅槃王の帰依と涅槃

王の帰依と
涅槃

おうのきえと
ねはん

2〜3世紀
ブッダ入滅(にゅうめつ)の場面などを刻んだガンダーラの仏伝図浮彫り
不動明王坐像不動明王坐像

不動明王坐像

ふどうみょうおう
ざぞう

平安〜鎌倉時代(12〜13世紀)
醍醐寺(だいごじ)中興の祖・義演(ぎえん)と豊臣(とよとみ)家にもゆかりの像
役行者絵巻役行者絵巻

役行者絵巻

えんのぎょうじゃえまき

江戸時代(17〜18世紀)
修験道(しゅげんどう)の祖・役行者の説話を描写した絵巻物
紺紙金字一切経(神護寺経)仏説意経および経帙紺紙金字一切経(神護寺経)仏説意経および経帙

紺紙金字一切経(神護寺経)
仏説意経および経帙

こんしきんじいっさいきょう
(じんごじきょう)
ぶっせついきょうおよびきょうちつ

平安時代(12世紀)
金文字の装飾経と、それを束ねて包む覆い
日吉山王十禅師曼荼羅図日吉山王十禅師曼荼羅図

日吉山王
十禅師
曼荼羅図

ひえさんのう
じゅうぜんし
まんだらず

鎌倉時代(14世紀)
日吉大社(大津市)ゆかりの神仏が習合(しゅうごう)した曼荼羅
地蔵菩薩像地蔵菩薩像

地蔵菩薩像

じぞうぼさつぞう

室町時代(15世紀)
雲に乗り、苦しむ人々を救済に赴く地蔵菩薩
清海曼荼羅清海曼荼羅

清海曼荼羅

せいかいまんだら

江戸時代(17〜19世紀)
僧・清海が感得した、極楽(ごくらく)浄土(じょうど)の光景

Page Top